プライバシーポリシー

null

SIGDIA株式会社(以下SIGDIAといいます)は、SIGDIAの各種サービスをご利用になる方(以下ユーザーといいます)のプライバシーを尊重し、ユーザーの個人情報(以下の定義に従います)の管理に際し以下のポリシーに基づいて取り扱うものとします。

【一覧】

1. 個人情報の定義
2. 個人情報の取得と目的
3. 個人情報を提供いただかなかった場合に生じる結果について
4. 個人情報の第三者への開示
5. 第三者の範囲
6. 免責
7. 統計データの利用
8. 迷惑商用電子メール(UCE)または「スパム」
9. 個人情報の変更等
10.あなたのプライバシーを守るために

1.個人情報の定義

個人情報とはユーザー個人の関する情報であって、その情報を構成する氏名・住所・電話番号・メールアドレス・勤務先・生年月日その他の「ユーザー個人を特定できる情報」を個人情報として定義いたします。

〇 個人情報管理責任者

ユーザーの個人情報は、以下のものが責任をもって管理するものとします。

      SIGDIA株式会社
      代表取締役 大内 泰明

〇 連絡先

個人情報管理についてのお問い合わせは以下のメールアドレスまでお願いします。

      okyakusama@sigdia.co.jp

2.個人情報の取得と目的

個人情報の取得と利用の目的及び活用範囲は以下の通りです。

1. SIGDIAの提供するサービスにおける会員登録と課金

2. SIGDIAの提供するサービスにおいてユーザーへのサービス提供と会員サービスにおける個人認証

3. 電子メール・FAX・郵送での告知や連絡、お問い合わせへの返答

4. アンケート、キャンペーンへの応募、プレゼント発送等

3.個人情報を提供いただかなかった場合に生じる結果について

SIGDIAの各サービスの実施においてそれぞれ必要となる個人情報項目を入力いただかない場合は、各々のサービスを受けられないことがあります。

4.個人情報の第三者への開示

ユーザーの個人情報について、ユーザーご本人の同意を得ずに第三者に開示することは原則ございません。提供先・提供情報内容を特定した上で、ユーザーの同意を得た場合に限り開示します。但し以下の場合は、関係法令に反しない範囲でユーザーの同意なくユーザーの個人情報を開示することがあります。

1. ユーザーが第三者に不利益を及ぼすと判断した場合

2. 裁判所・検察庁・警察・弁護士会・消費者センターまたはこれらに準じた権限を有する機関から個人情報についての開示を求められた場合

3. ユーザーご本人から明示的に第三者への開示または提供を求められた場合

4. 法令により開示または提供が許容されている場合

5. その他、ユーザーご本人へサービスを提供するために必要であるとSIGDIAが合理的に判断した場合

5.第三者の範囲

以下の場合に個人情報の提供を受ける他者は、第三者の範囲に含まれないものとします。

1. SIGDIAが利用目的の達成に必要な範囲内において、他者に個人情報の取扱いに全部または一部を委託する場合

2. SIGDIAの合併その他の事由による事業の承継に伴って、他者に個人情報が提供される場合

6.免責

以下の場合は、第三者による個人情報の取得に関し、SIGDIAは何らの責任を負いません。

1. ユーザー自らがSIGDIAのサービスまたは別の手段を用いて他のユーザーに個人情報を明らかにする場合

2. 活動情報またはその他のユーザーがSIGDIAのサービス上で公開した情報により、期せずして本人が特定できてしまった場合

3. ユーザーご本人以外のユーザー個人を識別できる情報(ID・パスワード等)を入手した場合

7.統計データの利用

SIGDIAは提供を受けた個人情報をもとに、個人を特定できないよう加工した統計データを作成することがあります。個人を特定できない統計データについて、SIGDIAは何ら制限なく利用することができるものとします。

8.迷惑商用電子メール(UCE)、または「スパム」

スパムとは、インターネット用語であなたが依頼しないのに送信されてくるマーケティング用または商用の電子メールを指します。SIGDIAがこのような行為をサポートしたり、容認したりすることはありません。

9.個人情報の変更等

ユーザーは、SIGDIAのサービスを利用するにおいて登録した個人情報をいつでも変更・追加・削除することができます。

不特定多数の第三者が弊社通信サービスを利用して公開された情報にアクセスし、それをダウンロード、および印刷できるということにご注意ください。あなたが弊社通信サービスを用いて弊社・お客様の管理・または第三者が提供するWebサイトに提供した情報が他者によって使用されたり、開示されることに関してはSIGDIAは責任を負いません。

10.あなたのプライバシーを守るために

他者があなたの情報や通信記録にアクセスすることがないように、インターネットにアクセスして席を離れる際は常にWindowsをロック、またはログアウトしましょう。

SIGDIAでは、インターネット接続サービスを通じて提供される第3者のサーバを管理することはできず、こうした会社の行為に対して責任を取ることはできません。インターネットで他者のサービスをご利用になられる際は、必ずその提供者が示す利用条件をご確認ください。

各種アカウント・パスワードはユーザーを守る大切な情報です。こちらの情報が第3者にわかる形で管理・設定されていた場合にユーザーが被った損害についてはSIGDIAは一切責任を負いません。個人が特定できる情報には、フルネーム・電話番号・自宅住所・生年月日などが含まれます。あなたが個人が特定できる情報を任意で開示された場合には、それが収集され、他人によって使用されることがあることを忘れないでください。